webnews26号 親子・教師も参加で農業体験 第9回サイエンスサマー(こども科学教室)結果報告

掲載日:2018年5月11日
webnews26号バナー
親子・教師も参加で農業体験
第9回サイエンスサマー(こども科学教室)結果報告
企画調整部

写真:「ジャンボカボチャの重さ当てコンテスト」の様子
ジャンボカボチャの重さ当てコンテスト


小学校高学年を対象に毎年開催しているサイエンスサマー(こども科学教室)は、8月19日から22日にかけての4日間でした。
今年度は保護者等を含め全員で98名の参加がありました。保護者等に平塚市内の小学校の教諭9名が含まれます。
また、期間中ジャンボカボチャの重さ当てコンテストも行いました。
写真:教室の様子「新しい梨の品種が生まれるまで」
新しい梨の品種が生まれるまで
 
今年の教室は次の5つでした。
(1)農作業に使うユニークな機械 8月19日
(2)新しい梨の品種が生まれるまで 8月20日
(3)植物を育てる土のひみつ 8月21日
(4)おいしさの科学 8月22日
(5)稲からご飯のできるまで 8月22日
前の記事へ 次の記事へ
26号のタイトル一覧へ
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa