「コマツナ栽培におけるトリコット編みネット資材の利用効果」の摘要

掲載日:2018年5月11日
コマツナ栽培におけるトリコット編みネット資材の利用効果
摘要
コマツナ栽培において農薬を用いない低コストで簡易な害虫防除技術を開発するため,新たに開発されたトリコット編み被覆資材(SSN)と市販の平織り及び不織布被覆資材の特性を比較した.その結果,トリコット編み資材は,キスジノミハムシ等の微小害虫を含む虫害を効果的に防除できるだけでなく,保温効果も有するため,低温期の栽培では顕著な生育促進効果が認められた.以上の結果から,SSNは防虫性と保温性を兼ね備えた有効な被覆資材として周年利用できることが明らかになった.

農業技術センター研究報告のページへ
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる