「ニホンナシ新品種'香麗'及び'なつみず'の育成経過とその特性」の摘要

掲載日:2018年5月14日
ニホンナシ新品種'香麗'及び'なつみず'の育成経過とその特性
摘要
早生・大玉のニホンナシ品種の育成を目的として1998年に交雑を行い,'香麗'及び'なつみず'の2品種を育成した.'香麗'は7月下旬から8月上旬に収穫される赤ナシで,平均果重430g程度と大玉で,糖度は13.4%で酸味はなく'筑水'に似た香りをわずかに有する品種である.'なつみず'は8月上旬から8月中旬に収穫される赤ナシで,平均果重430g程度と大玉で,果形がよく外観良好であり,糖度は13.1%で糖酸のバランスがよく食味良好な品種である.

農業技術センター研究報告のページへ
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる