農産物の上手な利用法(マヨネーズ/作り方のアドバイス)

掲載日:2018年2月28日
 
 
 
作り方のアドバイス

★卵黄の攪拌

マヨネーズ作りのポイントは卵黄をよく練ることにあります。よく練ると、卵黄がネットリからポテッとしてきます。手早くかき混ぜて、ポテッとさせてください。

★油の添加

ポテッとした卵黄にサラダ油を加えて、良くかき混ぜるのですが、はじめの油の加え方は一滴、二滴というように、ごく少量の油を入れて、かき混ぜ、全体がポテッとしたら、次の油を加えるようにしてください。はじめから油をドボッと入れると卵黄と油が乳化せず、いくらかき混ぜても、サラッとし、しばらくすると分離してしまいます。こうなったらポテッとしたマヨネーズにはなりません。マヨネーズを作りたいなら、短期は損気です。はじめは一滴、二滴の我慢の子供でがんばりましょう。
油がかなり入り、酢も入れる頃には、ちょっと大胆に油を加えても分離することはありません。

★保存

マヨネーズは水分が少なく、油が多く、酸も含まれているため、すぐに品質低下することはありません。しかし、ここに記した方法で作ったマヨネーズは殺菌工程をふんでいませんので、長く保存するようなことはせず、速やかに使い切ってください。

★マヨネーズの調味

ここに記した方法では酢しか使用していませんが、食塩、胡椒、マスタードなど好みの材料を加えることもできます。ここに記した方法でマヨネーズがコンスタントにできるようになったら、いろいろな調味料、ハーブ類を加えて、オリジナルなマヨネーズに挑戦してください。
マヨネーズの材料へ
マヨネーズの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa