農産物の上手な利用法(サツマイモチップの作り方)

掲載日:2018年3月9日
 
作り方

 

(1)サツマイモの表面をきれいに洗う。
(2)ボウルに水を張り、調理用スライサーを準備する。調理用スライサーが無いときは包丁で切る。
(3)サツマイモのずんぐりした方の端を、サツマイモチップス一番小さい大きさになるように切る。
(4)調理用スライサーでサツマイモを薄く切る。
(5)サツマイモを薄く切り終わったら、水から出ているサツマイモを水に浸ける。
(6)水に浸けたサツマイモをザルにあけ、浸け水をサットきる。
(7)サツマイモをもう一度水に戻し、サッと洗う。
(8)サッと洗ったサツマイモをザルにあけ、浸け水をよくきる。
(9)鍋に揚げ油を入れ、揚げ油の温度を160~170℃にする。
(10)揚げ油にサツマイモを入れ、ゆっくり撹拌しながら、サツマイモがカリカリになるまで揚げる。
(11)サツマイモがカリカリになったら、網ジャクシで油をきりながら取り出す。
(12)油きりの上におき、冷ます。
(13)冷えたサツマイモチップをポリエチレン袋に入れ、塩少々を振り、袋の中で塩をまぶす。
(14)少々の塩味がついたら、食べるか、ポリエチレン袋に入れ、吸湿しないように保存する。

このページのトップへ
作り方のアドバイスへ
サツマイモチップの材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa