農産物の上手な利用法(いもけんぴ/作り方)

掲載日:2018年3月9日
作り方

 

(1)サツマイモを良く洗い、8mm角、5cm長さの拍子木に切り、水に浸ける。

(2)(1)のサツマイモをザルにあげて水を切り、乾いた布巾で水気をふき取る。

(3)揚げ鍋に油を入れ、160℃に熱し、(2)のサツマイモを入れ、きつね色になるまで揚げる。

(4)きつね色に揚がったさつまいもは揚げ鍋から出して、油を切る。

(5)底の広い鍋に砂糖200gと水100mlを入れて加熱する。

(6)砂糖が溶け、大きな泡がブクブクと出て、とろみが出てきたら、(4)のサツマイモを加え、手早くかき混ぜる。

(7)サツマイモの表面が白くなり、バラバラに離れたら火から下ろす。


作り方のアドバイス

★サツマイモ

サツマイモはイモ全部を使うこともできますが、料理の時に厚くむいた皮を細く切ったものも利用できます。赤い皮のサツマイモを使うと二色がきれいです。細く切ると揚げるときに折れやすくなったり、砂糖掛けの時に折れるので気を付けてください。
細く切ったときは砂糖掛けより、揚げて熱いうちに粉砂糖を振りかける砂糖まぶしの方がサツマイモが折れずにきれいに仕上がります。

★油で揚げる

サツマイモに水分が付いていると油がバチバチはねるので、水気は良くふき取ってください。
油の温度はやや低めにして、じっくりと揚げ、中の水分がなくなるようにしてください。サツマイモの芯に水分が残っていると、揚げたてはパリパリしていても、しばらくするとしんなりしてしまいます。
じっくり揚げて、表面がきつね色になったら油から揚げて、しっかりと油を切ってください。
油で揚げたサツマイモに少量の塩をふりかけるとフライドスイートポテトになります。

★砂糖掛け

砂糖水がサラサラしているときに揚げたサツマイモを入れると、水気を吸ってベチャベチャになってしまいます。また、火加減が弱いと団子状になってしまいます。
強火で手早くかき混ぜると初めはベタベタしていても、すぐに白くなって、バラバラになります。

★黒砂糖風味

黒砂糖風味にするときには砂糖の半分を黒砂糖にしてください。

★風味付け

好みによって、ゴマやショウガを加えるとひと味変わった風味になります。
いもけんぴの材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa