農産物の上手な利用法(いもけんぴ/材料)

掲載日:2018年3月7日
材 料

 

サツマイモ 1kg
砂糖 200g
揚げ油 適量

★サツマイモ

いもけんぴの原料としては、「コガネセンガン」のような太くて粉質のイモがお勧めです。イモは太いものを選んでください。
サツマイモはヒルガオ科サツマイモ属の多年生草本です。高温地帯では四季をとおして栽培できます。秋季・冬季に気温の下がる地域では地上部は枯れて、イモも低温障害を受け、腐敗します。そのため、イモはイモ穴や室に保温して保存します。
茎は蔓状で、地上をはい、品種によっては1~5mにのびます。葉はハート型、手のひら型、長い円錐型などいろいろのものがあります。一般には濃緑色をしていますが、品種・栽培条件によって紫色のこともあります。根は茎の節、葉柄の基部から発生します。根の一部の柔組織細胞が分裂しその内部にでん粉を蓄積し、肥大した根、イモになります。イモの形、大きさ、皮色、肉色は品種によって異なります。関東地方では赤皮、黄肉の品種が好まれます。
いもけんぴの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa