農産物の上手な利用法(いもようかん・作り方のアドバイス)

掲載日:2018年3月9日

作り方のアドバイス

★サツマイモの加熱

蒸気のあがった蒸し器で蒸しますが、ゆでることもできます。ゆでる場合は皮を厚めにむいてから、ゆでてください。

★加熱時間

サツマイモの大きさによりますが、20~30分程度が目安になります。芯がなくなったかどうかは竹串を刺して確認してください。

★裏漉し

サツマイモは温度が下がると硬くなり、裏漉ししにくくなります。熱いうちに手早く裏漉しするのがポイントです。

★練りあげ

蒸したサツマイモは水分が多く、ベチャッとしているので、弱火で焦がさないように良く練り上げてください。また、ゆでた場合は蒸したサツマイモより水分が多くなるので、弱火でしっかりと練り上げてください。

★切り分け

練り上げが不足していると水分が多く、ベトッとして切り分けにくくなります。また、十分に冷えていなくても切り分けにくくなります。
いもようかんの材料へ
いもようかんの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa