農産物の上手な利用法(ヒラタケの佃煮の材料)

掲載日:2018年3月6日
材 料

 

ヒラタケ 1kg
醤油 100g
味醂 100g
昆布 5cm角
トウガラシ 1本

★ヒラタケ

ヒラタケが本格的に栽培市販されるようになったのは昭和四十九(一九七四)年で、当時の生産量は三千五百トンでした。平成元(一九九八)年に栽培はピークを迎え、三万トン以上の生産がありました。
ヒラタケの栽培は広葉樹の原木を用いる方法とビンの中にオガクズ、コメヌカ、フスマを入れて殺菌した培地を用いる方法があります。
ヒラタケの栽培は北海道、東北、関東で行われており、通常は「しめじ」の名前で流通・販売されています。
ヒラタケの天然物は柄がない平たいキノコですが、栽培されたヒラタケは柄があります。ヒラタケの柄は歯触りが強すぎるくらいあります。また、味も良いキノコです。
ヒラタケの佃煮の作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa