農産物の上手な利用法(干しシイタケの材料)

掲載日:2018年3月6日
材 料

 

シイタケ 適宜

★シイタケ(Lentinusedodes(Berk.)Sing.)

シイタケは上品で淡泊な味わいの中に特有の香とテクスチャーを持ったキノコで日本人に好まれ、高級料亭の料理から野外のバーベキューなど幅広く用いられています。
現在は人工的栽培が進み、日本のキノコ生産では生産量がもっとも多く、シイ、コナラ、カシなどの原木やおがくずなどを固めた菌床により全国で生産されています。また、シイタケは春、秋に発生するばかりでなく夏に発生する夏子や促成により冬季に発生させることも可能であり、周年生産が行われています。
原木栽培 菌床栽培
シイタケの甘味はマンニット、うま味は5'-グアニル酸という核酸です。また、特有の香はレンチオニンという成分です。さらに、シイタケにはビタミンDの前駆物質であるエルゴステロールが含まれています。このエルゴステロールは紫外線によりビタミンDに変わるため、天日で乾燥したシイタケにはビタミンDが含まれます。
干しシイタケの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa