農産物の上手な利用法(桜花弁のレモン砂糖漬け・作り方)

掲載日:2018年3月6日
作り方

 

(1)桜の花弁を摘み取る。

(2)桜の花弁をチョッと大き目のポリエチレン袋に入れる。

(3)(2)ポリエチレン袋に水を入れて、口を握り閉めて振り混ぜる。

(4)ポリエチレン袋の中の桜の花弁をザルにあけ、水を切る。

(5)桜の花弁を広げたタオルにのせ、包む。

(6)桜の花弁を包んだタオルを振り、水分を除く。

(7)桜の花弁をタオルから取り出す。

(8)ポリエチレン袋に桜の花弁と砂糖を交互に入れる。


(9)ポリエチレン袋に桜の花弁と砂糖を全部入れたら、レモン果汁を加える。

(10)ポリエチレン袋からレモン果汁がこぼれ出ないように口辺を手で持ちながら、ポリエチレン袋内の桜の花弁をゆっくりと何回も押し付ける。


(11)ポリエチレン袋内の桜の花弁を押すと水分がジュッと出て、花弁に透明感がでてきたら、押し付けを終え、袋の口を閉じる。

(12)鍋に水を入れ、75℃にする。

(13)鍋に水が75℃になったら、(12)の口を閉じた桜の花弁の入った、ポリエチレン袋を入れる。

(14)鍋に水の温度を70~75℃に保つよう、火加減を調節し、20分間加熱する。

(15)20分間加熱したら、鍋から取り出し、直ぐに冷水に入れて、冷やす。

(16)ポリエチレン袋の中が冷えたら、取り出し、水気を拭き取りる。

(17)ポリエチレン袋にラベルをつけ、冷凍保存する。


このページのトップへ
桜花弁のレモン砂糖漬けの材料へ
作り方のアドバイスへ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa