農産物の上手な利用法(桜花弁のレモン砂糖漬け・材料)

掲載日:2018年3月9日
材 料

 

八重桜の花弁 20g
レモン果汁 30ml
砂糖 30g

ポリエチレン袋

★桜の花弁

桜の花なら何でも利用できるのですが、桜の花弁を摘み取るのに、一重桜では膨大な時間が必要になります。

満開からやや散り始めた八重桜なら20gの花弁を摘み取るのに、5分もあれば、十分ですが、一重桜ではかなりの時間が必要になります。

摘み取る適期は満開からやや散り始めた頃です。

満開になったときは花弁が花柄にしっかりと着いているので、花弁だけを摘み取るのが難しいからです。強引に花弁を引っ張ると花弁がちぎれたり、緑色の萼(がく)や雄ずい(おしべ)が着いてきます。

緑の萼は漬けあがったときに、黒くなりゴミのように見えるので、できるだけ花弁だけを摘み取るようにしてください。 桜の花漬けを作るために摘み取り収穫した八重桜でも、花弁が散り落ちるものがたくさん出てきますのが、この花弁も利用できます。花弁に紛れている、萼や托葉(花柄の付けねにあるもの)を取り除いてください。これらが混ざるとゴミ(異物)のように見えてしまいます。

★レモン果汁

レモン果汁を搾り、ガーゼで濾してください。レモンがなければ、橙、夏ミカンなど他の柑橘酢を使ってください。

食酢やリンゴ酢などは酢酸が主成分で酢酸の臭いがツンと鼻にくるので、後の利用の時を考えてください。クエン酸(食品添加物用)があるなら、5%の水溶液を作って、利用することもできます。柑橘酢には5%くらいのクエン酸などの有機酸が含まれているので、クエン酸液は柑橘酢と同じように使ってください。

★砂糖

クセのないグラニュー糖を使ってください。また、グラニュー糖はサラサラして、花弁の間に入りやすいので、最初の揉み込み処理が楽になります。

グラニュー糖の替わりに上白糖を使うことは問題ありませんので、グラニュー糖が手近にないときは上白糖を使ってください。
三温糖や黒砂糖は砂糖の個性が強いので、桜花弁の利用法を考えて、使ってください。ハチミツも三温糖や黒砂糖と同じに考えてください。

★ポリエチレン袋

漬け込み容器は厚みのあるポリエチレン袋が適当です。ポリエチレンだけでは強さがないので、ナイロンなどの他の素材と張り合わせたラミネート素材のチャック付きの袋があれば、これを利用してください。量が少ないので小さなガラスビンがあればよいのですが、なかなかありません。また、冷凍保存するのでビンよりもポリエチレン袋の方が扱いや収納が楽になります。


このページのトップへ
桜花弁のレモン砂糖漬けの作り方へ
作り方のアドバイスへ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa