農産物の上手な利用法(桜花のレモンシロップ漬の作り方のアドバイス)

掲載日:2018年3月9日
 
作り方のアドバイス

★砂糖

砂糖に大きな塊があるときは手でよくもみほぐすか、ストレーナーにとおして塊をなくして下さい。塊を残したまま袋に入れ、手で押し付けたり、真空包装をかけると袋に小さな穴が開くことも考えられます。このような心配を無くすためにも、砂糖の塊はなくしてください。
写真:砂糖の塊はほぐす

★桜花の水洗と水切り

桜花は土ホコリがついていたり、小さな虫がついていることもあります。これらを水で洗い落として下さい。水で洗ったくらいでは花弁が落ちるようなことはありません。もしも水で洗ったときに花弁がとれてしまうようなら、花が開いてから時間が長く経過したもので、原料としてふさわしいものではありません。
水切りは桜花の量が少ないなら、乾いたタオルに包み、グルグル振り回すと水が切れます。大量ならばバスケット型の遠心分離器があれば速攻で処理ができます。一般のでは遠心分離器などありませんが、家庭用洗濯機の脱水槽が同じ機能を持っていますので、これを活用すると良いでしょう。
写真:
写真:

★花弁の利用

水洗いで落ちた花弁を捨ててしまうのはちょっともったいないので、この散った花弁だけを集め、レモン果汁と砂糖を加え、花弁のレモンシロップ漬けを作ってみましょう。
写真:

★真空包装

真空包装するときは袋の大きさと袋中に詰める量が問題となります。真空包装では空気をほぼ完全に除くため、袋に満杯に入れると、レモン果汁が吹き出してしまいます。ちょっと少ないかなと思う量にしてください。
真空包装機がないときは袋に桜花、砂糖、レモン果汁を詰めたら、両手のひらにはさんでキュッキュッと押してください。桜花と砂糖、レモン果汁がなじみ、全体がピチャピチャになるとともに、袋内の空気が出やすくなってきます。手のひらで空気を押し出して、袋の口を閉じて下さい。
写真:真空包装機

★保存

桜花のレモンシロップ漬を温かい所や明るい所で長く保存すると色や香りが変化します、冷暗所の保存に心がけて下さい。冷蔵庫余裕があるなら冷蔵庫に入れるのがよいでしょう。
また、半年から、1~2年の長期保存を考えるなら、冷凍庫に保存してください。冷凍庫であるならば桜花のレモンシロップ漬けの色調や香味には変化がありません。ただし、冷凍保存するときには利用する単位を考えてください。解凍したものを再び凍結することをくり返すことは品質管理の面から好ましいことではありませんし、エネルギーの無駄使いにもなります。利用する時のことを考え、包装単位を決めてください。
写真:冷蔵庫に保存
写真:いろいろな単位の包装

★利用

桜花のレモンシロップ漬はお祝事の桜湯として用いることもできますし、和菓子、洋菓子、ゼリー、焼酎のお湯割り、レモネードなどに用いると、桜の色香が楽しめます。
写真:桜花のシロップ漬けを入れたゼリー
写真:桜花のシロップ漬けを入れたドリンク

このページのトップへ
桜花のレモンシロップ漬の材料へ
桜花のレモンシロップ漬の作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa