農産物の上手な利用法(乾燥ウコン・作り方のアドバイス)

掲載日:2018年3月9日
作り方のアドバイス

★乾燥法

ウコンの乾燥は条件がよければ、天日乾燥が良いでしょう。天日でゆっくりと乾燥するとウコン全体の水分が徐々に抜け、形良く、カチカチに干しあがります。

乾燥機を使うときは低い温度で送風して下さい。

低い温度にしても乾燥速度が速いので、干しあがった時のウコンは表面に皺ができ、絞まった肉質にはなりません。でも、粉砕するのであれば問題はありません。

★ウコンの蒸煮と煮熟

ウコンは苦味を持っているので、乾燥する前に蒸したり、茹でたりして、苦味を除きます。30分くらい蒸すと、蒸し器の中には淡黄色で泥臭い、苦味のある液体が溜まります。

★乾燥ウコンの粉砕

乾燥ウコンは大量なら大型の粉砕器が良いのですが、家庭では小型のコーヒーミルを使うのが手軽です。コーヒーミルでもウコンの粉砕専用にしてください。ウコンを粉砕したコーヒーミルはウコンの色と香りが残っています。

乾燥したウコンはそのまま粉砕器に入れても、粉砕は可能です。細かく粉砕するのなら、粉砕器に負荷がかからないように時間をかけて、ちょっと丁寧に粉砕してください。粉砕した直後はカレーの良い香りが漂ってきます。


このページのトップへ
乾燥ウコンの材料へ
乾燥ウコンの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa