農産物の上手な利用法(ロールパンの作り方)

掲載日:2018年3月9日
作り方

 

(1)材料を自動パン焼き器のパンケースに入れ、本体にセットし、生地をつくる。

(2)自動パン焼き器から生地を取り出し、ボウルに入れて発酵させる。

(3)発酵が終了したら台の上に取り出し、ガス抜きをする。

(4)生地を細長く成形し、生地を45gくらいに分割する。

(5)分割した生地を丸める。

(6)丸めた生地を円すい状に成形する。

(7)円すい状の生地を麺棒で三角形に伸ばす。

(8)三角形の底辺を引っ張り気味に持ち上げて巻いていく。

(9)巻き終わりを下にして天板に並べ、倍の大きさになるまで発酵させる。

(10)180℃のオーブンで15分焼く。
(11)焼き上がったらザルにとり、水分が貯まらないようにする。


作り方のアドバイス

★自動パン焼き器

家電メーカーから家庭用パン焼き器が発売されています。メーカーにより、機種により特徴があるので、基本的な使い方は取扱説明書にしたがってください。

★生地の分割

引っ張ってちぎってはいけません。スケッパーや包丁を使って切ってください。分割した生地に大小が出た場合は調整してください。大きいものの切り口から切り取り、小さいものの切り口に包み込むように足してください。

★生地の丸め

生地に切り口があると成形しにくいので、切り口を内側に包み込むようにして丸めてください。
ロールパン(自動パン焼き器で生地つくり)の材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa