農産物の上手な利用法(ロールパンの材料)

掲載日:2018年3月9日
材 料

 

強力粉 280g
砂糖 30g
塩 5g
バター 40g
牛乳 100ml
卵 1個
水(+卵) 90ml
ドライイースト 3g

★ロールパン

パンの生地を小さくとり、麺棒でのし、折りたたんだり、巻いたりして形に変化を与えたパンをロールといいます。ロールの種類は多く、バターを多く用いたバターロール、チーズロール、多量の糖分と牛乳を配合したアメリカンロール、さらにこれに卵や香料などを多量に用いたスイートロールなどがあります。

★バター

バターは牛乳より分離したクリームの脂肪をかくはん操作により塊状に集合させて造ったものをいいます。バターには食卓用バターとして市販されている食塩を加えたバターと添加しない調理、製菓用に使われる食塩が加えてない無塩バターがあります。また、クリームを乳酸発酵させた発酵バターと発酵させない非発酵(甘性)バターがあります。発酵バターは特有の発酵臭があり、ヨーロッパでは大量に消費されています。非発酵バターは日本で市販されているほとんどのバターで、温和な風味を持っています。
ロールパンの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa