農産物の上手な利用法(割干しステムレタス(やまくらげ)/材料)

掲載日:2018年3月6日
材 料

 

ステムレタス 適宜

★ステムレタス

セルタス、クキレタス、茎チシャ、アスパラガスレタスとも呼ばれています。日本での栽培は少ないですが、中国で多く栽培され、食用にされています。中国では萵苣筍、萵笋と書き、重要な野菜の一つになっています。
茎の長さや形はいろいろあり、タケノコ状にずんぐりとしたものから細長いものなどがあります。また、葉の形もいろいろで、丸葉、柳葉、縮緬葉などいろいろあります。この葉は柔らかく美味しそうな感じがしますが、苦味が強いので食用にはされません。食用にするのは茎の皮を厚く剥いた髄の部分で、中国では炒ものや煮ものの材料としてよく利用されています。
近年、乾燥した茎が輸入され、漬物や総菜に加工され、「やまくらげ」という名で売り出されています。
割干しステムレタス(やまくらげ)の作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa