農産物の上手な利用法(ヤングコーンの水煮/びん詰の作り方)

掲載日:2018年2月28日

びん詰の作り方

 

(1)ヤングコーンを詰めるガラス容器を洗浄し、加熱殺菌する。

(2)0.2%クエン酸溶液を調整し、加熱する。

(3)湯煮したヤングコーンを殺菌した容器に詰める。

(4)ヤングコーンを入れた容器に(2)の0.2%クエン酸溶液を注ぎ込む。

(5)容器にフタを軽くする。

(6)蒸気の上がった蒸し器に入れ、加熱する。

(7)容器の中のヤングコーンと充填液の温度が100℃に上がったら、蒸し器から取り出し、フタを締めなおす。

(8)容器を逆さに置き、30分放置する。

(9)30分放置したら、水に入れて冷却する。

(10)あら熱が取れたら、水から取り出し、水気をふきとる。

(11)製造データを記載したラベルを貼り、冷暗所に保存する。

★充填液の量

容器に入れたヤングコーンは充填液の中にはいっていなければいけません。容器の中にあっても、充填液から飛び出していると退色・変色が進みます。
 
このページのトップへ
作り方のアドバイスへ
ヤングコーンの水煮の材料へ
ヤングコーンの水煮の作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa