農産物の上手な利用法(サツマイモ葉柄のつくだ煮/長期保存)

掲載日:2018年3月9日

 

長期保存

 

(7)煮上がったつくだ煮は熱いうちに耐熱性のプラスッチック袋に入れる。

つくだ煮は熱いうちに耐熱性のプラスッチック袋に入れる

(8)つくだ煮を入れた袋の中の空気を抜いて密封する。

袋の中の空気を抜いて密封

(9)75℃の湯に20分間入れて、加熱殺菌する。

75℃、20分、加熱殺菌

(10)加熱が終了したら、水で冷やす。

加熱終了後、水冷

(11)冷暗所で保存する。

冷暗所で保存


このページのトップへ
サツマイモ葉柄のつくだ煮の材料へ
サツマイモ葉柄のつくだ煮の作り方へ
作り方のアドバイスへ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa