農産物の上手な利用法(トウガラシオイルの材料)

掲載日:2018年3月9日
材 料

 

トウガラシ
(ハバネロ) 800g
大白ゴマ油 1000ml

★トウガラシ

トウガラシの原産地は南アメリカのアマゾン川流域といわれ、メキシコやペルーでは古代から食用にしていました。
世界的に分布するようになったのは15世紀から16世紀になってからです。
トウガラシは漢字で唐辛子、蕃椒(ばんしょう)とも書かれ、唐や南蛮から渡来した辛いモノという意味です。
トウガラシには辛味の少ない甘い品種からハバネロ(Habanero)のように世界で最も辛いトウガラシまでいろいろな種類があります。
辛味はカプサイシンという成分です。

★油

ゴマにはセサモールという油の酸化を抑制する成分が含まれています。大白ゴマ油はクセが少なく、トウガラシの色と風味をそこなうことがありません。
トウガラシオイルの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa