農産物の上手な利用法(シロウリの保存漬けの材料)

掲載日:2018年3月9日
材 料

 

シロウリ 14kg(32本)
塩(下漬け用) 2.1kg
塩(漬け換え用) 1kg

★シロウリ

漬け物原料には肉質のしまったやや若いシロウリがよく、採り遅れの大きなシロウリ、過熟なシロウリは皮が硬くなり、漬け物原料として好ましくありません。
14kgのシロウリは種とワタを取ると10~11kg程度になります。

★塩

塩は普通の食塩を用います。大量に漬けるなら工業用の並塩を用いてください。原塩、または粉砕塩があるなら原塩や粉砕塩だけを用いてもよいですし、並塩と混合して用いてもよいでしょう。
★容器 長期に保存する場合はプラスチック製のタル(食品用)が最も便利です。押し蓋はタルに合ったプラスチック製または木製のものを使用して下さい。
シロウリの保存漬けの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa