農産物の上手な利用法(シロウリの粕漬けの材料)

掲載日:2018年3月6日
材 料

 

シロウリ 12個(5.5kg)
塩 250g
酒粕 3.75kg
砂糖 1kg

★シロウリ

ツケウリ、アオウリともよばれます。一年生のつる性草本で、メロンやマクワウリと同じ仲間ですが、熟しても果実は甘くなりません。日本ではキュウリよりも古くから栽培されていました。
果形は短円筒形から長円筒形で300~500gの小さいものから3~5kgの大果まである。果皮の色は淡緑色から濃緑色、果皮の表面はツルツルとしたものから溝や条のあるものがあります。また、果肉も柔らかいものから締まって歯切れの良いものまでいろいろあります。

★酒粕

酒粕は清酒もろみを個体と液体(酒)に分離することで得られます。もろみを酒袋に入れ、自然流下あるいは圧搾機により搾ります。搾ったばかりの新粕は板粕といい粕汁や甘酒に用いられ、タンク中に貯蔵して軟化させたものを踏込み粕といい漬物用に多く用いられます。
シロウリの粕漬けの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa