農産物の上手な利用法(カリン飴/材料)

掲載日:2018年2月28日
材 料

 

カリン 1kg
水 2リットル
砂 糖 1.5kg

★カリン

カリンは中国原産のバラ科の落葉樹です。樹高は6~10m位になります。同じバラ科のマルメロと似ていますが、果実の表面に綿毛が無く平滑なのが特徴です。果肉は香が良いものの、ザリザリした石細胞が多く、非常に硬く、渋味が強く、生食には向きません。果実酒やゼリー、飴、砂糖漬けに利用します。
カリン飴の原料のカリンは熟したカリンならどんなカリンでも利用できます。カリンにもいくつかの品種がありますが、鑑賞花木として花の色、果実の色形などで選抜されているものが多く、果実の香味に優れ、渋味が少ないなど食用として選抜されていません。
カリンの果実は大きいもので200g程度あり、水分は80%、糖分はショ糖0.9%、ブドウ糖1.9%、果糖2.1%、ソルビトール2.7%を含み、有機酸はリンゴ酸1.2%、クエン酸0.1%を含んでいます。
カリン飴の作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa