農産物の上手な利用法(ライムエードの材料)

掲載日:2018年2月28日
材 料

 

ライム果汁 100ml
(ライム 2~3個)
砂糖 100g
水 800ml

★ライム

ライムはレモンと共に酸を多く含んださわやかな香をもつ柑橘類です。
ライムにはちょっと小さめのレモンと同じ様な大きさで果重が100g前後のタチヒライムともっと小さく、50gくらいのメキシカンライムがあります。ともに果肉は淡黄緑色~黄緑色をしています。

(左タヒチライム・右レモン)
メキシカンライムはインド北東部原産でインド、メキシコ、エジプトが主産地で日本にはメキシコ産が輸入されています。タヒチライムの起源はよく分かっていませんが、19世紀後半にタヒチ島からカルフォルニアに持ち込まれ、栽培されたためタヒチライムと呼ばれるようになりました。現在の主産地はフロリダです。日本でのライムの栽培は非常に少ないのですが、瀬戸内海の岩城島では青いレモンとライムが生産出荷されています。
ライムエードの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa