肥料取締法とは

掲載日:2018年2月28日

肥料取締法は、肥料の品質等を保全し、その公正な取引と安全な施用を確保するため、肥料の規格及び施用基準の公定、登録、検査等を行うことにより、農業生産力の維持増進に寄与するとともに、国民の健康の保護に資することを目的として、昭和25年に制定されました。

肥料取締法と関連法令については、独立行政法人農林水産消費安全技術センターの「肥飼料検査関係/肥料・土壌改良資材の情報」で見ることができます。

肥料を作って人に売ったり、あげたりする場合は、肥料取締法に基づく登録申請または届出が必要です。肥料のイラスト




 
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる