審理の傍聴について

掲載日:2018年3月9日

収用委員会の審理は、審理の公正が害されるおそれがあるなどの特別な事情がない限り、原則として公開されており、傍聴することができます。

審理の傍聴を希望される方は、当事務局に審理開催の期日、時間及び場所を確認してください。

1 傍聴の方法

審理を傍聴するには、審理開会時刻の30分前から15分前までの時間に、会場受付で傍聴の申込みをすることが必要です。
傍聴希望者が傍聴定員を超えた場合は、抽選により傍聴人を決定します。
傍聴定員は、開催場所その他の事情によって、審理ごとに決定されます。

2 守っていただきたいルール

(1)定められた場所以外の場所に入らないでください。
(2)審理会場で発言したり、騒いだりするなど審理の妨害になる行為をしないでください。
(3)会長又は指名委員から指示があったときは、それに従ってください。
(4)写真、映画等を撮影したり、放送、録音等をしないでください。
(5)広告物、びら、ポスター、立看板などを掲示したり、展示したりしないでください。

なお、次のいずれかに該当する方は、審理を傍聴することができませんので御注意ください。
(1)凶器の類その他危険のおそれがある物品を携帯する方
(2)プラカード、のぼり、旗の類を携行する方
(3)酒気を帯びている方
(4)その他審理の公正を害するおそれがあると認められる方