横須賀海軍施設

掲載日:2018年7月30日

所在地

横須賀市本町、稲岡町、楠ヶ浦町、泊町、長井

接収年月日

1945(昭和20)年9月2日

用途

港湾

管理部隊

在日米海軍横須賀基地司令部

従業員数

5,279人(平成30年4月末日現在)

土地面積(平成30年1月1日現在・単位 平方メートル)

国有 県有 市町村有 私有

2,363,008

-

-

254

2,363,263

水域

約8,200,000平方メートル(平成28年3月31日現在)

現況

旧日本海軍横須賀海軍工廠、鎮守府等を米軍が接収した。
本施設内には在日米海軍司令部をはじめ、横須賀基地司令部、海軍艦船修理廠、海軍施設技術部隊、海軍補給センター、海軍通信隊、海軍病院、西太平洋艦隊訓練群、第7潜水艦群司令部、海軍海洋業務群などが所在し、在日米海軍、米第7艦隊等の補給、修理、休養等のための支援基地となっている。
米第7艦隊旗艦の揚陸指揮艦ブルーリッジ、原子力空母ロナルド・レーガンなどのいわゆる母港となっている。

パンフレット


航空写真

横須賀海軍施設の航空写真

地図

横須賀海軍施設の地図

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。