ホーム > くらし・安全・環境 > 生活と自然環境の保全と改善 > 基地対策 > 空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練について

更新日:2022年5月6日

ここから本文です。

空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練について

厚木基地における空母艦載機の着陸訓練について掲載しています。

防衛省から、硫黄島における空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練について通知がありましたので、お知らせします。

空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練(FCLP)について(PDF:63KB)

1 硫黄島における着陸訓練概要

  • 訓練期間:令和4年5月6日(金曜日)から令和4年5月25日(水曜日)午前11時から翌午前3時
  • 訓練機種:空母ロナルド・レーガン艦載固定翼機全機種(FA-18E、FA-18F、EA-18G、E-2D、C-2A)

2 厚木基地関連情報

なお、硫黄島における天候等の事情により、所要の訓練を実施できない場合には、三沢飛行場、横田飛行場、厚木飛行場、岩国飛行場の一部又は全部の飛行場において訓練を実施します。

  • 厚木飛行場で実施する場合の訓練期間:令和4年5月10日(火曜日)から令和4年5月13日(金曜日) 午前10時から午後10時

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は政策局 基地対策部基地対策課です。