株式会社講談社から「FRaU SDGs MOOK OCEAN 海に願いを。」を寄贈いただきました!

掲載日:2020年3月23日

 SDGsロゴ1

今般、本県のSDGs施策に強く共感いただいた株式会社講談社から、SDGsの中でも特に目標14「海の豊かさを守ろう」に焦点を当て、海洋プラスチック問題を特集した冊子「FRaU SDGs MOOK OCEAN 海に願いを。」を寄贈いただきましたので、お知らせします。
本県では、SDGsに関する学習教材として活用するため、県内の高校及び大学へ送付いたします。

1 寄贈者及び寄贈される冊子

(1)寄贈者 

株式会社講談社 (東京都文京区音羽二丁目12番21号)

(2)寄贈される冊子

「FRaU SDGs MOOK OCEAN 海に願いを。」 計1,240冊

2 寄贈に至った経緯

株式会社講談社では、女性誌としては日本で初めて一冊丸ごとSDGsを取り上げ話題となった「FRaU」を始め情報誌、幼児誌など各種の出版物においてSDGsの視点を取り入れており、また、社内にSDGs委員会を立ち上げるなど、SDGs推進に積極的に取り組んでいる。
今般、本県のSDGs施策に強く共感いただいたことから、目標14「海の豊かさを守ろう」に焦点を当て、海洋プラスチック問題を特集した冊子「FRaU SDGs MOOK OCEAN 海に願いを。」のうち、書見には支障がないものの、緩い折れ目や梱包跡などによりそのままでは販売に適さないものを改装の上、寄贈いただくことになった。

3 冊子の配布先


県内の高校及び大学 計306校 (図書室等での配架を想定)
※準備ができ次第、順次発送

4 「FRaU SDGs MOOK OCEAN 海に願いを。」について

株式会社講談社が発行する女性誌「FRaU」のMOOK。目標14「海の豊かさを守ろう」に焦点を当て、マイクロプラスチック問題などから持続可能な海について考えるとともに、ファッションから解決する取組やプラスチックをアートに変える取組などの身近なアクションを掲載。
※MOOKとは、MagazineとBookを掛け合わせた用語で、書籍の流通コードを持つ雑誌形態の書籍をさします。雑誌と違い返品期限がない、書籍同様に再出荷が可能などの特徴があります。


【添付資料】
・株式会社講談社プレスリリース(PDF:1,090KB)
【(参考)「FRaU SDGs MOOK OCEAN 海に願いを。」表紙画像】

FRaU表紙画像

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa