SDGs社会的インパクト評価実証事業

掲載日:2019年10月11日

 SDGsロゴ1

神奈川県は、都道府県として唯一、「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」の両方に選定され、平成30年度から「SDGs社会的インパクト評価実証事業」を実施しています。

「SDGs社会的インパクト評価実証事業」は、SDGsの目標・ターゲットに沿った取組みについて、社会的インパクトを定量的・定性的に把握することができるよう、評価モデルを策定するとともに、その評価結果により、資金提供者をはじめとする市場から投融資を呼び込むことを目的としています。

 

概念図

SDGs社会的インパクト・マネジメント実践研修

「SDGs社会的インパクト評価実証事業」では、事業者・資金提供者・事業支援者のそれぞれが事業成果を分析・評価できることが不可欠であり、評価人材の育成に関するモデル作りとして研修を実施します。講義内容、日程等は資料のとおりです。

資料(ケイスリー(株)作成)(PDF:281KB)

※参加者募集は終了しています。

第1回概要(PDF:466KB)

公開講座

本研修事業では、プログラム参加者以外にも参加いただける機会として、公開講座等の実施を予定しています。詳細の内容は後日公開します。

公開講座:令和元年12月3日(火曜日)

成果報告会:令和2年3月24日(火曜日)

成果報告書(平成30年度)

平成30年度の事業では、5件の実証事業を設定し、評価モデルを構築したうえで、実際の評価を行いました。評価結果を含む当該年度分の成果報告書を公開します。

1.報告書(要約)(PDF:313KB)

2.報告書(PDF:710KB)

3.実証事業の結果(評価ワークシート集)(PDF:1,732KB)

4.実証事業インパクトレポート(PDF:2,587KB)

5.評価実践ガイド(PDF:2,890KB)

6.社会的投資拡大に向けた課題と対応策(PDF:1,824KB)

7.人材育成に向けた検討(PDF:472KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa