相模川水系ダム管理事務所の仕事

掲載日:2020年3月11日
相模川水系ダム管理事務所では、管理するダム及び堰を適切に運用するため、様々な仕事をしています。

ダムの管理

相模川水系ダム管理事務所で管理するダム・堰について紹介します。

治水

利水

利水(水道や工場への用水供給、水力発電などを行う目的)について

堆砂対策

ダムの宿命である堆砂対策について紹介します。

魚道の清掃

毎年、寒川取水堰では、鮎をはじめとした魚やカニなどが堰の上流、下流の行き来しやすくするために魚道の清掃をおこなっています。

魚道の清掃状況写真その1

魚道の清掃状況写真その2

流芥処理

ダム湖に流れてきた、流木やゴミの処理について紹介します。

水質対策

相模湖(相模ダム)、津久井湖(城山ダム)ではアオコの発生対策について紹介します。
※アオコ:湖面を一面緑色にする藻類で、景観を悪くするだけでなく、カビ臭を発生したり、水道の浄水過程に支障をきたすもの
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa