相模原浄水場で災害訓練を行いました!

掲載日:2018年7月13日

相模原市等と合同で応急給水訓練を行いました。

平成30年7月9日(月曜日)に神奈川県内広域水道企業団の相模原浄水場(相模原市南区下溝)で相模原市の保健福祉局、危機管理局、神奈川県内広域水道企業団及び相模原市管工事設備共同組合と合同で大規模災害を想定した応急給水訓練を行いました。

給水車への注水訓練

配水池の給水口から給水車への注水訓練

どんなことをしたの?

応急給水訓練では、以下のことを行いました。

  1. 配水池の給水口から給水車への注水訓練
  2. 医療機関の受水槽への給水を想定した高所への給水訓練
  3. 給水コンテナと臨時給水栓の接続訓練
  4. 臨時給水栓を利用した給水訓練

コンテナへの注水訓練

給水タンク車からコンテナへの注水訓練

大規模災害に備えて独自の災害訓練も実施しています。 

神奈川県営水道では、地震災害等に備えるために、相模原市との応急給水訓練のほか、独自に年4回の地震災害対策訓練を実施しています。

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa