検針員を装った不審者による窃盗事件が発生しています

掲載日:2018年9月20日

県営水道の給水区域内において、量水器の検針員を装った2人組の男たちが、お客さま宅を訪れ、漏水検査と称して家の中に上がり込み、現金等を盗み出すという事件が発生しています。

県営水道の職員や検針業務を委託された検針員が、お客さまからの依頼がなく家の中に上がり込むことはありませんので、不審な場合は、最寄りの水道営業所にお問い合わせください。

事件の概要

独り暮らしのお年寄りの家に、水道局の職員を名乗る2人組の男たちが訪れ、1人の男が漏水の検査と称して家人を連れて2階に上がり、2階トイレの点検を行っている間に、1階にいた別の男が室内を物色し、現金を盗んだというものです。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa