包括外部監査の結果について

掲載日:2019年10月29日

包括外部監査とは

包括外部監査は、県が、毎会計年度、包括外部監査人の監査を受けるとともに、監査の結果に関する報告の提出を受けるものです。

包括外部監査人は、県の財務に関する事務の執行等のうち、自ら特定のテーマを決めて監査します。

県の財政的援助団体等については、包括外部監査人が必要があると認めるときに監査することができます。

「指摘事項」と「意見」

外部監査人は、監査の結果に関する報告を決定し、これを議会、知事監査委員等に提出します。報告書には、「指摘事項(平成23年度以前の報告書では「結果」)」と「意見」が記載されています。 

「指摘事項」とは、財務に関する事務の執行及び経営に関する事業の管理について、規則や規定等に違反しているか、著しく適切さを欠くと判断されたものです。

「意見」とは、組織及び運営の合理化の観点から改善が望まれるとされたものです。

 包括外部監査結果に関する報告は、次のとおりです。(監査委員からの公表)

これまでの包括外部監査結果に対する措置等(年度別)

 包括外部監査は平成11年度から実施しており、監査を受けた翌年度には結果に対する措置等を発表しています。これまで報告された「指摘事項」及び「意見」について、昨年度公表以降、新たに措置したもの、新たな改善や進捗のあったもの、継続して検討中の措置状況について掲載します。

 措置状況はこちらをクリック(PDF:551KB)PDFアイコン解説テキスト(テキスト:1KB)

 平成30年度措置状況はこちらをクリック(PDF:665KB) PDFアイコン解説テキスト(テキスト:1KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。