六郷橋(川崎市川崎区)

掲載日:2018年9月7日

六郷橋

国道15号(第1京浜国道)に架かる全長約450mの橋で、東京と神奈川との境である多摩川に架かっている。六郷に最初に橋が架かったのは1600年で、徳川家康が江戸に入府する際に木橋が架けられたそうである。しかし洪水で橋は流され、再び「六郷の渡し」が復活した。1817年に再び木橋が架けられたが、1925年には近代的な橋梁が架けられた。六郷橋は1978年から架け替え工事が行われており、現在も継続中で、部分的に使用されている。完成すると往復6車線の大規模な鋼箱桁橋梁となる。なお、明治天皇一行が3種の神器とともに、多摩川を渡った時には、船橋が架けられた。

本ホームページに掲載されている写真及び情報は、選出当時のものであり、現況と異なる場合がありますので、ご了承下さい。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa