勝瀬橋(藤野町)

掲載日:2018年9月27日

勝瀬橋

相模湖に架かる道路橋で、両岸の塔から斜めにケープルが張られ、桁を支えている。
横浜ベイブリッジと同じ形式の斜張橋で、現在各地で建設されている斜張橋としては、わが国第1号の橋として名高い。
橋長128m、帽員4mあり、昭和34年に建設された。
なお、塔は旧橋のつり橋の塔をそのまま利用したもので、第2次大戦中の空襲による機銃掃射の跡が残っているそうである。
嵐山橋その他と同様に、神奈川県の橋梁技術陣は、わが国での先駆けとなる橋梁を幾つも建設してきたが、 これもそのうちの1つである。

※本ホームページに掲載されている写真及び情報は、選出当時のものであり、現況と異なる場合がありますので、ご了承下さい。

現在、架替のため現存していません。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa