日連大橋(藤野町)

掲載日:2020年3月2日

日連大橋

藤野町日運と小淵間で相模湖を渡る道路橋で、中路式と上路式のトラス橋が連なっている。
橋長220m、幅員4.5mの鋼ワーレントラス橋で構成されており、昭和34年に完成した。
中路式のトラス橋は主径間110m部分を、上路式のトラス橋は側径間部分を渡っており、経済性を重視した設計により誕生した橋であることが特長である。

※本ホームページに掲載されている写真及び情報は、選出当時のものであり、現況と異なる場合がありますので、ご了承下さい。

現在、架替のため現存していません。