入札における最低制限価格制度の適用について

掲載日:2020年4月3日

新着情報

現在、情報はありません。

 

1 概要

 神奈川県では、一般業務委託のうち8種目の営業種目、印刷物の請負のうち2種目の営業種目に係る入札の一部を対象に、最低制限価格制度を適用しています。

最低制限価格が適用される入札案件については、入札公告・入札説明書等でその旨を明示します。(記載例:「本入札には地方自治法施行令第167条の10第2項の規定により最低制限価格を設けます」)

2 最低制限価格制度が適用される業務

一般業務委託:「庁舎等建物清掃」「警備・受付」「消防施設保守管理委託」「電気通信設備保守管理委託」「エレベーター保守管理委託」「汚水処理施設等保守管理」「建物設備保守管理」「総合建物管理」に係る入札の一部

印刷物の請負:「オフセット印刷」「軽印刷」に係る入札の一部

詳細は、次のPDFファイルを参照してください。

最低制限価格制度が適用される業務(PDF:86KB)

3 最低制限価格率

一般業務委託:80%

印刷物の請負:70%

4 最低制限未満の入札

 最低制限価格未満の価格の入札(D社)は失格となります。失格となった方は、再入札となった場合でも入札に参加できません。

最低制限価格の説明

(参考)印刷物の請負に係る積算単価

 印刷の積算に当たり県が使用する単価のうち、現在公表しているものは次のとおりです。

 印刷単価1(PDF:36KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。