平成31・32年度【物品・一般委託】競争入札参加資格認定者の点数及び等級区分について

掲載日:2019年3月5日

平成31・32年度の競争入札参加資格認定に係る点数の算出方法(物品・一般委託)

 物品・一般委託の競争入札参加資格の認定にあたっては、営業種目ごとに、「営業種目別年間平均販売高」等について点数を積み上げ、A・B・Cの等級に区分し、競争入札参加資格認定通知書に記載しています。

 平成31・32年度の競争入札参加資格認定に係る点数の算出方法(物品・一般委託)に用いる、神奈川県物品等に係る競争入札参加資格者格付要項について、次のような改正があります。

  1. 「再犯の防止等の推進に関する法律」の趣旨を踏まえ、再犯の防止等の推進の観点から、申請日時点で横浜保護観察所の協力雇用主としての登録があり、かつ横浜保護観察所に証明依頼書を提出した日から遡った2年間のうち、連続する3か月間以上保護観察対象者等を雇用した実績のある業者の方に、等級区分に用いる数値として3点を付与することとしました。
  2. かながわサポートケア企業の認証を取得した者について、等級区分に用いる数値として、3点を付与することとしました。
  3. 等級格付に用いる数値について、総合数値の中における個別主観点の合計点数に上限を設けることとしました。
  4. 官公需適格組合の総合数値の算定に用いる数値について、自己資本額は審査対象者の合計値を用いることとしました。
  5. 等級格付けに用いる総合数値の算定に用いる数値について、競争入札参加資格認定申請書の流動負債額が0千円で、提出された直近の貸借対象表が営業開始時もしくは法人設立時の貸借対象表である場合は流動比率による得点付与は行わないこととしました。

 

改正の概要(平成30年4月1日施行)はこちら(PDF:40KB)

改正の概要(平成30年10月1日施行)はこちら(PDF:34KB)

神奈川県物品等に係る競争入札参加資格者格付要項(PDF:76KB)

別表1から13(PDF:141KB)

※本改正は、平成31年4月1日より有効になり、入札参加資格の認定の有効期限が平成31年3月31日までの事業者の方については、なお従前の例によります。

平成31・32年度の競争入札参加資格認定に係る等級区分

 平成31・32年度の競争入札参加資格認定に係る等級区分は、次のとおりです。

等級別点数(PDF:12KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。