AI-OCRの実証事業の実施結果について

掲載日:2020年1月31日
2020年01月31日
記者発表資料

県では、働き方改革を推進し、新たなICTを積極的に利活用して内部事務の効率化に取り組むため、株式会社インターネットイニシアティブ及び株式会社IIJエンジニアリングとの協定に基づき、AIを活用して高い精度で手書き文字をデジタルデータに変換する「AI-OCR」の実証事業を実施しました。この度、事業が終了し、その結果をとりまとめましたのでお知らせします。

※AI-OCR・・・Artificial Intelligence - Optical Character Recognition/Readerの略

1 実施期間

令和元年10月31日から令和元年12月16日まで

2 結果概要

次の3帳票(7様式)を対象とし、正確性、迅速性、継続性、操作性の4つの観点により、AI-OCRの文字認識率や導入に向けた課題等を検証しました。(詳細は別添資料(PDF:142KB)をご参照ください)

本実証事業を通じて、県でAI-OCRを導入した場合の効果や課題が明確になったことから、今後、これらを踏まえて本格導入に向けて検討していきます。

対象帳票 ・政治資金収支報告書(5様式)

・漁獲量に関する送り状(1様式)

・かながわの水源地域キャンペーンアンケート(1様式)

※対象帳票は、手書き文字が記入されており、未公開の個人情報等が含まれていない帳票

 

検証項目 検証結果
正確性 3帳票の正読率の平均は93.4%と高かったが、人間でも判読困難な文字が多く含まれていた帳票の正読率は大幅に低下
迅速性 100枚を処理した場合、手作業と比較し、約75%の時間で手書き文字をデジタル化(1,000枚を処理した場合、約60%の時間でデジタル化)
継続性 24時間365日の処理が可能で、複数の帳票を同時に処理することも可能だが、使用時間帯は県のICT環境のメンテナンスなどを考慮する必要あり
操作性 職員アンケートの平均は5点満点中3.2点、読取結果については高評価

 

問合せ先

神奈川県総務局ICT推進部ICT・データ戦略課

課長 貝瀬

電話045-210-3390

ICT戦略グループ 鎌田 

電話045-285-0053

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。