庁舎等県有施設への公衆無線LAN整備

掲載日:2019年3月27日

県有施設における公衆無線LANアクセスポイントの整備について

神奈川県では、「神奈川力全開!宣言2013」の一環として電子化全開宣言を行い、県民生活のICT化とスリムな県庁づくりに向けた政策を進めています。その取組みの一つとして、神奈川県の公衆無線LAN整備数日本一を掲げ、県民、観光客、ビジネスマン、学生など、すべての県内にいる方の利便性向上を目指すことになりました。
そこで、県の庁舎等施設に公衆無線LANを整備するために、県と共に事業を進める民間の事業者、NPO法人等を募集します。

詳細につきましては、募集要項と、公衆無線LANアクセスポイントの設置・運用に先立って締結する協定書(案)をご覧ください。

これまでに設置した施設の一覧は、オープンデータとして公開しています。所在地や設置事業者などの詳細は、神奈川県オープンデータサイト(データ名:公衆無線LAN(Wi-Fi)アクセスポイント(県有施設))をご覧ください。

募集要項と申込書

公衆無線LANアクセスポイント設置候補施設一覧

「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」の利用について

「00000JAPAN」は、大規模災害が発生したときに通信事業者が開放する災害用統一SSID(ネットワークを識別するための符号)です。「00000JAPAN」が開放されると、通信事業者と契約をしていない方であっても、パスワードなどを入力することなく、スマートフォンなどからインターネットに接続することができます。

これまでに設置された公衆無線LANアクセスポイントも、大規模災害時に「00000JAPAN」が開放されると、これを利用することでインターネットに接続することができます。

しかし、「00000JAPAN」は緊急時の利便性が優先されているため、通信の暗号化などのセキュリティ対策が講じられておらず、通信内容の盗聴や偽のアクセスポイントを用いた改ざん、なりすましなどの被害を受けるおそれがあります。

そのため、「00000JAPAN」を使ってインターネットを利用する場合は、安否確認や情報収集にとどめるとともに、個人情報やID、パスワードの入力は極力避けていただくよう、ご注意をお願いします。

「00000JAPAN」の詳細につきましては、無線LANビジネス推進連絡会のホームページもご覧ください。また、利用する場合の注意点は無線LANビジネス推進連絡会(「00000JAPAN」ご利用上の注意点)のほか総務省(00000JAPAN等により無料開放された無線LANの利用について)のホームページにも掲載されていますので、こちらもご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。