多言語コールセンター

掲載日:2019年7月30日

神奈川県では、外国人観光客の受入環境の向上を図るため、コールセンターのオペレーターが8言語で通訳を行う電話通訳サービスを提供しています。これにより、県内の宿泊施設や飲食店等の従業員と言語の異なる外国人観光客との円滑なコミュニケーションを支援します。

多言語コールセンターイメージ図

令和元年度の取組について

多言語コールセンターの概要
(1)利用料金
 月額 500円
 ※ ご利用頻度及び回線数に関わらず定額とします。
利用者とコールセンター間の通話料金は利用者の負担となります。
 ※ 2019年6月1日から有料化しています。
無料の期間中ご登録いただいていた場合も、ご利用には改めてお申込が必要です。

(2)サービス提供期間
 2020年3月31日(火曜日)24時まで利用できます。
 ※ 通訳は24時間対応です。ただし、スペイン語、ポルトガル語、タイ語、ロシア語、ベトナム語については、平日9時~18時までの対応です。


(3)対象言語
 英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、タイ語、ロシア語、ベトナム語の8言語
 

(4)利用方法
 〇 外国人観光客を対面で接客する際に、従業員がコールセンターに電話をかけ、その受話器をお客様に渡してお話しいただきます。コールセンターのオペレーターが会話を聞き取り、通訳します。

 〇 お使いの電話機が「3者間通話」に対応している場合には、外国人のお客様からかかってきた電話を、さらにコールセンターにつないで通訳する、3者間通話が可能です(※1)。

 〇 お申込みいただいた方には、お手元のタブレット又はスマートフォンに専用アプリ(無料)をインストールすると、コールセンターのオペレーターが画面に表示される映像通訳サービスの提供を、2019年9月1日(日曜日)から開始する予定です(※2)。

※ 外国人観光客からのメールを通訳・翻訳することはできません。
※1 「3者間通話」には電話機の機能や回線事業者のオプションサービス等が必要です。ご確認ください。
※2 タブレット・スマートフォン等の端末の貸出は行っておりません。映像通訳のご利用には、 インターネットに接続された端末が必要です。ご提供するIDは1契約につき1つです。同時に2台以上の端末で映像通訳を利用することはできません。


募集内容
(1)対象
 県内の宿泊施設、飲食店、観光案内所、小売店、交通事業者等、外国人観光客を直接応対する方。
 ただし、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第6項に掲げる「店舗型性風俗特殊営業」を行っている施設及びこれに類する施設は対象外。
 

(2)申込・振込方法
 利用開始希望月の前月20日までに、
 ・ 利用申込書をご送付(メール又はFAX)ください。
 ・ 別紙「神奈川県多言語コールセンターご利用料金お振込みのお願い」に従って、お振込をおねがいします。

 ・ ダウンロードはこちら(ワード:1,101KB)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa