「冬の備え」を忘れずに!
~箱根山間部の道路交通を確保する、凍雪害対策本部を設置します~

掲載日:2019年11月29日
2019年11月29日
記者発表資料

県西土木事務所小田原土木センターでは、12月1日から翌年3月31日までの4か月間、凍雪害対策本部を設置し、箱根山間部における道路交通網の確保に、重点的に取り組みます。

1  凍雪害対策について

冬の箱根山間部は県内有数の降雪地帯であるとともに急勾配や急カーブが多く、積雪による交通障害や路面凍結によるスリップ事故が多発しています。このため、県と委託業者により降雪時や路面凍結時における交通の安全と迅速な道路交通網の確保を図ります。

2  凍雪害対策本部の活動内容

県が管理する箱根山間部の国道・県道10路線・延長約96キロメートルについて、積雪感知器等により、気温・積雪・道路交通状況等の情報を把握するとともに、委託業者と連携した除雪・凍結防止剤散布や、道路利用者への道路交通情報の提供等を実施します。

3  道路を利用される皆様へのお願い

(1)冬季に箱根山間部を通行する際は、冬用タイヤ着装やすべり止め携行をお願いします。
(2)路面凍結は明け方から早朝にかけて発生します。慎重な運転をお願いします。
(3)大雪の際には車を乗り捨てる方が後を絶ちません。除雪作業に支障が生じ交通開放の遅れや渋滞につながりますので、車の路上放置はおやめください。

4  添付資料

凍雪害対策の取組状況(PDF:125KB)

問合せ先

神奈川県県西土木事務所小田原土木センター

道路維持課長 小山
電話 0465-34-4141 内線 410

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。