道の駅・箱根峠

掲載日:2018年7月10日

道の駅とは

長距離ドライブが増え、女性や高齢者のドライバーが増加するなかで、道路交通の円滑な「ながれ」を支えるため、一般道路にも安心して自由に立ち寄れ、利用できる快適な休憩のための「たまり」空間が求められています。

また、人々の価値観の多様化により、個性的でおもしろい空間が望まれており、これら休憩施設では、沿道地域の文化、歴史、名所、特産物などの情報を活用し多様で個性豊かなサービスを提供することができます。

さらに、これらの休憩施設が個性豊かなにぎわいのある空間となることにより、地域の核が形成され、活力ある地域づくりや道を介した地域連携が促進されるなどの効果も期待されます。

こうしたことを背景として、道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の方々のための「情報交流機能」、そして「道の駅」をきっかけに町と町とが手を結び活力ある地域づくりを共に行うための「地域の連携機能」、の3つの機能を併せ持つ休憩施設、それが「道の駅」です。

「道の駅・箱根峠」について

「道の駅・箱根峠」は平成7年5月30日にオープンした県内最初の「道の駅」です。国道1号の静岡県との県境に位置し、芦ノ湖や駒ヶ岳をはじめとする箱根の山々、そして天気の良い日には富士山まで展望できる場所にあります。

休憩室や軽食コーナー、展望台があるほか、県内の交通情報・観光情報コーナーも併設しているので、箱根の観光レクリエーションの交通・情報拠点としてぜひご利用ください。

道の駅・箱根峠

展望広場からの眺望写真(芦ノ湖)

展望広場からの眺望(芦ノ湖)

 

主な施設

駐車場

駐車場写真

トイレ

展望広場

ホール(公衆電話 自動販売機)

休憩・軽食コーナー(軽食、お土産品、観光・交通案内、休憩室)

休憩室及び軽食コーナー

※休憩室は9時00分-17時00分利用可能

軽食コーナーのみ営業時間9時00分-16時00分

その他の施設は24時間利用可。いずれも年中無休

道の駅箱根峠位置図

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa