芦之湯凍雪害基地の完成

掲載日:2018年12月5日

箱根の山間部では、これまで3つ(木賀・湖尻・箱根)の凍雪害基地を整備して凍雪害対策に取り組んできました。
 このたび、国道1号の最高標高地点付近に4番目の「芦之湯凍雪害基地」を整備(平成30年10月22日完成)して、今季から運用を開始しました。
 また、運用開始に先立ち、平成30年11月7日に完成披露式を行いました。

施設の概要

  • 所在地:足柄下郡箱根町芦之湯84-55
  • 敷地面積:987平方メートル
  • 建築面積:173平方メートル
  • 延床面積:377平方メートル
  • 構造形式:鉄骨造 地上2階
  • 1階:車庫(除雪車2台、薬剤散布車1台)、洗い場、トイレ
  • 2階:倉庫(凍結防止剤の保管)

 凍雪害基地とは

 冬季における路面凍結や積雪時に、安全で円滑な道路交通を確保するため、凍結防止剤や除雪機械等を保管して、迅速かつ効率的に凍雪害対策を実施するための拠点施設、それが「凍雪害基地」です。

【建物の外観】  

芦之湯基地全景

 

 

 

 

 

 

 

 


【完成式典の様子】

芦之湯凍雪害基地完成式典

 

箱根山間部の凍雪害基地

基地の配置

凍雪害基地配置図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の基地

【木賀基地(平成16年3月完成)】  

木賀基地写真

【湖尻基地(平成19年3月完成)】 

湖尻基地写真 

【箱根基地(平成21年3月完成)】

箱根基地写真

【参考】

新たな凍雪害基地の完成披露式の開催について(平成30年11月5日)(PDF:448KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa