「大哺乳類展2」で「かながわプラごみゼロ宣言」が紹介されました

掲載日:2019年6月24日

 平成31年3月21日(祝)から6月16日(日曜日)まで国立科学博物館で開催されました「大哺乳類展2」において、昨年8月に鎌倉市由比ヶ浜海岸に打ち上げられたシロナガスクジラの標本等の展示が行われました。

 この中で、SDGs未来都市である神奈川県が、これを「クジラからのメッセージ」として受け止め、「かながわプラごみゼロ宣言」を行ったことや、クジラの胃から見つかったプラスチック片の材質分析に、環境科学センターが協力したことが紹介されました。

whale

展示の概要

 ○期間

 平成31年3月21日(祝)から6月16日(日曜日)まで

 ○場所

 国立科学博物館(上野)特別展「大哺乳類展2」第2会場

 ○内容

 展示パネル「シロナガスクジラの赤ちゃんからのメッセージ~環境汚染を考える~」

クジラの胃から見つかったプラスチック片の展示

公式図録巻末特集では「かながわプラごみゼロ宣言」や当センターが作成したポスター等が掲載されました。

 

 

 

sdgsmiraitoshidaihonyuuruiten