鎌倉の世界遺産登録に係る神奈川県・横浜市・鎌倉市・逗子市による推薦書案作成に関する活動の一時休止について

掲載日:2019年11月22日
2019年11月22日
記者発表資料
(横浜市・鎌倉市・逗子市同時発表)

このたび、鎌倉の世界遺産登録に係る、神奈川県・横浜市・鎌倉市・逗子市(4県市)による推薦書案作成に関する活動を一時休止することとしました。

概要

鎌倉の世界遺産登録については、平成25年4月の「武家の古都・鎌倉」に対するイコモスの不記載勧告以来、再推薦・登録を目指し、神奈川県・横浜市・鎌倉市・逗子市(4県市)において、新たなコンセプトの構築を目的に比較研究を中心とした調査研究を進めてきました。
しかしながら、現状においては、イコモスが認める顕著な普遍的価値の証明が可能な新たなコンセプトの構築にはさらに時間を要することから直ちに世界遺産登録の再推薦に向けた推薦書案を作成できる状況にはないと判断しました。
そこで、神奈川県・横浜市・鎌倉市・逗子市(4県市)では、鎌倉の世界遺産登録を中長期的な目標とし、令和2年度から当面の間、これまで共同で行ってきた推薦書案の作成に係る活動については休止することとしましたので、お知らせします。
なお、本件につきましては、横浜市、鎌倉市及び逗子市においても同時に発表されます。

別紙

4県市による世界遺産登録推進に係る取組について(PDF:183KB)

問合せ先

教育局生涯学習部文化遺産課

課長 吉田
電話 045-210-8350

世界遺産登録推進グループ 谷口
電話 045-210-8359

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。