平成30年度神奈川県環境インターンシップ研修生の募集

掲載日:2018年4月27日

地球温暖化問題や生物多様性問題が深刻化する中、企業活動においても経営と環境との両立が求められています。

企業における環境問題に対する取組や考え方とはどのようなものなのでしょうか?

環境配慮に取り組む企業での業務を体験し、環境問題の解決につながるヒントを皆さん自身で見つけてください!

受入企業リスト

研修生の受入が可能な企業の一覧です。
主な研修内容、時期、人数などを掲載しています。

平成30年度受入企業一覧(PDF:458KB)

募集要項・実施要領

募集要項など研修の実施に向けたスケジュール等を掲載しています。

平成30年度募集要項(PDF:1,024KB)

実施要領(ワード:48KB)

実施細則(PDF:94KB)

応募用紙等

各大学・大学院のインターンシップご担当の方は、次の必要書類を取りまとめのうえ、平成30年6月4日(月曜日)までに下記までご提出ください。

応募用紙(ワード:62KB)[担当者記入]

研修生推薦書(ワード:35KB)[担当者記入]

エントリーシート(ワード:48KB)[学生記入]

マイエコ10登録はマイエコ10宣言ページで行ってください。

送付先


 神奈川県環境農政局環境計画課
 〒231-8588 横浜市中区日本大通1

 

対象

  • 研修生・・・神奈川県内にキャンパスを有する大学に在籍する大学生・大学院生

  • 受入先企業・・・環境に関する取組を積極的に行っている企業

 

研修内容

環境に関する取組を積極的に行っている企業において、環境問題やそれを解決するための企業の諸活動について学び、問題解決に向けた意欲や実践的能力を身につける。

【例】

  • 企業における独自のISOの取組の紹介
  • 環境に配慮した製品づくりの紹介

研修実施期間

原則として、平成30年7月下旬から9月30日の期間内において10日間程度

研修実施の流れ

4月-6月上旬 県は受入可能企業の情報を大学に提供、大学は学生を募集
6月上旬-7月下旬

県は大学からの申込み情報を受入先企業に送付

⇒受入先企業は受入れ可能な学生を決定、県に報告
⇒県は受入先企業及び大学にマッチング結果を送付
⇒研修内容等の詳細を調整

7月下旬-9月 研修の実施
終了後
  • 研修生は、「修了レポート」を受入先企業及び県に報告
  • 受入先企業は、「評価書」を派遣大学及び県に提出
10月 11日(木曜日)又は18日(木曜日)に参加学生による報告会を実施

費用負担

研修生は無給。
研修に係る交通費、出張旅費など全ての経費は、研修生個人又は派遣大学が負担する。

服務

研修生は、研修期間中、受入先の服務規律に従うとともに、受入先の担当者の指導、監督等に従うほか、秘密保持の義務を負う。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。