中小規模事業者省エネルギー対策支援

掲載日:2018年1月31日

トピックス

注目平成29年度に中小規模事業者の皆様が省エネルギー対策を行うときに参考となる支援制度の概要を取りまとめた「平成29年度 国のエネルギー・温暖化対策に関する支援制度」を掲載します。
なお、県及び市町村が実施する支援制度は、「平成29年度 エネルギー・温暖化対策に関する支援制度(県及び市町村)」をご覧ください。

注目平成29年度中小規模事業者(県内における前年度の原油換算エネルギー使用量が1,500キロリットル未満かつ前年度末日現在の県内で使用する自動車が100台未満の事業者)向け支援策をまとめたチラシ[PDFファイル/1.1MB]を作成しました。 
平成27年4月から、導入する省エネのための設備に係る補助金の申請手続を行い、当該補助金の交付の決定を受けたときに、手続に要する費用なども、
省エネルギー対策事業費融資制度の運転資金として対象となります。


提供情報

削減対策事例集

  • 中小規模の事業所でも実施しやすい二酸化炭素排出削減対策の事例を取りまとめ、公表しています。

無料省エネルギー相談

  • 省エネルギーに関する知識や経験が豊富なエネルギー管理士が、中小規模事業者の省エネルギー・節電に関する疑問等に的確なアドバイスをします。ご来庁による面談のほか、電話やファックスによる相談も受け付けています。

無料省エネルギー診断

  • 中小規模事業者の省エネルギー対策への取組を支援するため、無料の省エネルギー診断を実施します。
  • 省エネルギー指導の専門家を派遣し、事業者ごとの業種や規模、保有設備の状況に応じた、きめ細かな具体的な対策を提案します。 
  • 中小規模事業所のほかオーナーとテナントという複数の関係者の連携が難しい中小テナントビルもご利用いただけます。

省エネルギー対策フォローアップ相談体制構築事業

  • 省エネルギー診断を受診した中小規模事業者をフォローアップするため、技術士や中小企業診断士といった専門家を無料で派遣し、省エネルギー対策を具体に実施するための支援を行っています。 

※ 平成29年度の受付は終了しました。 

省エネルギー対策事業費融資制度

  • 省エネルギー設備等の導入を行う中小規模事業者に対し、設備導入経費のための資金を融資します。
融資制度の区分 神奈川県中小企業制度融資フロンティア資金(環境・エネルギー対策:省エネ設備等の導入に関する融資)
融資対象

1設備資金

二酸化炭素削減対策のために以下の設備等を導入するための費用(いずれも二酸化炭素削減効果が見込まれるものであること(新規導入の場合はエネルギー効率の高いものであること))

  • ボイラー、加熱設備、熱交換器、ポンプ、コンプレッサーその他の生産設備
  • 冷凍庫、ショーケースその他の業務用設備
  • 空気調和設備、給湯設備、換気設備、照明その他の建築設備
  • 変圧器、進相コンデンサーその他の受変電設備、エネルギー管理システム
  • コージェネレーション設備
  • 複層ガラス、遮光フィルムその他の空調負荷低減を目的とした建築物外皮
  • 神奈川県地球温暖化対策推進条例施行規則第1条第1項に掲げる新エネルギー等を活用した電力供給、熱供給等のための設備
  • 雨水利用設備

2 運転資金

設備の設置目的に沿う運転資金

  • 導入する設備に係る補助金の申請手続を行い、当該補助金の交付の決定を受けたときは、当該手続に要する費用など
融資限度額

8千万円

運転資金は同時に借り入れる設備資金の2分の1を限度とする。

融資利率 年利2.1%以内
融資期間

1年超10年以内

運転資金は1年超7年以内

 

その他

中小企業をはじめとした幅広い事業者の皆様に取組みやすい環境マネジメントシステムを紹介しています。

ESCO事業の概要や神奈川県におけるESCO事業を紹介しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。