神奈川県環境影響評価審査会

掲載日:2018年8月24日

神奈川県環境影響評価審査会

名称

神奈川県環境影響評価審査会

設置根拠法令等

地方自治法(昭和22年法律第67号)第138条の4第3項の規定に基づく附属機関として、附属機関の設置に関する条例(昭和28年神奈川県条例第5号)第2条の規定に基づき設置。

設置年月日

昭和55年10月20日

所掌事務

環境影響評価に関する重要事項につき知事の諮問に応じて調査審議し、その結果を報告し、又は意見を建議すること。

委員数・任期

18人、1期2年(平成28年11月5日から平成30年11月4日まで)

委員の氏名(所属・役職名等)【会長・副会長等】

一ノ瀬友博

(慶應義塾大学環境情報学部教授)

大澤啓志

(日本大学生物資源科学部教授)

岡村敏之

(東洋大学国際学部教授)

片谷教孝

(桜美林大学リベラルアーツ学群教授)

金子弥生

(東京農工大学大学院農学研究院准教授)

清宮理

(早稲田大学名誉教授)

河野忠

(立正大学地球環境科学部教授)

小林剛

(横浜国立大学大学院環境情報研究院准教授)

斎藤馨

(東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)

酒井暁子

(横浜国立大学大学院環境情報研究院教授)

二宮咲子

(関東学院大学人間共生学部専任講師)

廣江正明

(一般財団法人小林理学研究所騒音振動研究室室長)

藤倉まなみ

(桜美林大学リベラルアーツ学群教授)【副会長】

三島万里

(文化学園大学現代文化学部教授)【会長】

三宅淳巳

(横浜国立大学教授先端科学高等研究院副研究院長)

宮澤廣幸

(弁護士)

室田昌子

(東京都市大学環境学部教授)

吉田聡

(横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院准教授)

諮問・答申事項

(仮称)横須賀火力発電所新1・2号機建設計画に係る計画段階環境配慮書について

川崎天然ガス発電所3・4号機増設計画に係る環境影響評価方法書について

(仮称)横須賀火力発電所新1・2号機建設計画に係る環境影響評価方法書等について

ごみ中間処理施設整備事業に係る環境影響予測評価実施計画書について

横浜港新本牧ふ頭地区公有水面埋立事業に係る環境影響評価方法書について

(仮称)横須賀火力発電所新1・2号機建設計画に係る環境影響評価準備書等について 等

会議公開

公開

非公開理由

次のいずれかに該当する場合は、審査会が会議の一部又は全部を非公開とすることがあります。

  1. 会議において神奈川県情報公開条例(平成12年神奈川県条例第26号)第5条各号に規定する情報又は公開することが適当でない環境情報(絶滅危惧種等の貴重動植物の分布情報等)に関し調査審議する場合
  2. 1の場合のほか、傍聴を認めることにより公正かつ円滑な会議の運営が阻害されると認められる場合

会議開催日・会議記録等

次回審査会の開催予定

平成28年度

平成29年度

平成30年度

所属名、担当者名

環境計画課環境影響審査グループ宮下、内山 

 

関連情報

かながわの環境アセスメント

 

このページの先頭へもどる